発情してしまうとどこでもキス

これは私が高校生のときにつきあっていた彼氏との体験談です。

当時つきあっていた彼はかなり性欲旺盛で、発情してしまうとどこでもキスをしたり、体を触ってしまう人でした。

ある日、彼と遊んだ帰りに家まで送ってもらい、お別れのキスをするとムラムラしてしまった彼は私の手をつかんで物置小屋につれていきました。

物置小屋は広々としたスペースがあり、入り口が人気のない方に向いているので、人目につきませんが、彼はいきなりディープキスをしてきて、
「我慢できない」というと、物置小屋の壁に手をつかせ私のおしりをつき出すような体勢にさせると、制服のスカートに手を入れ、パンツを横にずらしたまま自分の勃起したものを挿入してきました。

人目につかないとは言え、外なので人が通らないか、家族にバレないかドキドキしましたが、それが余計にお互いを興奮させ、私は愛液が太ももをつたうほど濡れてきて、彼もそのことに気づいたのかいつもよりも激しく腰を振っていました。

あまりに気持ちよかったため、彼をイク瞬間に抜くのが遅れ、スカートに精子がべったりとついてしまい、家に入ってから急いでばれないようにスカートを洗ったことが今でも記憶に残っています。

[アダルト広告枠]

fuzoku-move.jp/shiga/